医療法人社団研成会 札幌鈴木病院

飾り

ホーム > 退院後支援

退院後支援

退院後の生活支援も充実
デイケア・デイナイトケア
モザイクアート
▲皆で力を合わせたモザイクアート
デイケア・デイナイトケアは、外来治療中の方で、どうしても家に引きこもりがちな方、誰かに悩みを相談したい方、人との付き合いが上手くいかない方などを対象に、生活のリズムを整え、共に励ましあう仲間作りや生活技術の向上を図ることを目的とします。
看護師・作業療法士・ソーシャルワーカー(精神保健福祉士)・臨床心理士などの多職種のスタッフが、患者さんの様々な悩みを力強くサポートいたします。
主なプログラム
疾患別回復プログラム(病気とのつき合い方を学ぼう)
調理実習 生活技能訓練(SST) 認知リハ
ダイエット(健康づくり)プログラム
フェルト手芸、編み物、革細工、刺し子などのクラフト制作
パソコン 書道 茶道 ペン字・習字
フラワーアレンジメント
スポーツ(卓球・ヨガ・エアロビクス・太極拳・ダーツ・ふまねっとなど)
屋外活動(カラオケ・喫茶・ウォーキング・体育館・ボーリングなど)プログラム
デイケアスタッフ デイケアルーム
▲デイケアスタッフ▲デイケアルーム
バザー
第11回バザーを
 開催しました。
毎年10月のバザーでデイケアのメンバーが企画・運営する、院内喫茶「オアシス」の様子
うつ病デイケア   「コミュ・プロ」
コミュ・プロとは?
うつ病や不安障害で外来通院中の方やうつ病で休職中の方などを対象に、少人数で認知行動療法やSSTの技法をベースに生活上の様々な対人面での困難に対処できるようスキルアップしていくデイケアプログラムです。

対象の人はどんな人?
・外来の方のみを対象としています。
・うつや不安に対処する方法について学びたい方
・ストレス対処について学びたい方
・人間関係が苦手でその方法を学びたい方
・就職や復職を考えている方、休職中の方など

実施日と時間
1クール9週間。水曜日9:00〜15:00
対象の人はどんな人?
基本プログラム
「うつころびやおき」は認知行動療法という心理療法を用いて、アニメを見ながらご自分の思考や感情、行動のパターンなどを見直したり、対処法を学ぶプログラムです。
「H-SST(ハイレベル SST)」は、SSTベラック方式を用いて、対人関係の基本スキルをレクチャー後、実践的にみんなでロールプレイを行いコミュニケーション能力を高める練習をします。
サブプログラム

一日のスケジュール

9:00 デイケアスタート
9:30 朝の会
9:50 うつころびやおき
12:00 昼食
13:10 H-SST
14:40 帰りの会
15:00 終了

シニアデイケアすずらん
すずらんでは、医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理士、管理栄養士、介護士など他職種が連携してのサポートが行われます。
健康チェック、体力強化のためのリハビリテーション(ノルディックウォーキング、ふまねっと、筋トレ)など身体面のケアから、趣味活動やカラオケ、季節の行事(お誕生日会、お花見、夏祭り、クリスマス会)など余暇の充実、音楽療法や回想法など精神面のケアと利用される方に合わせた様々なプログラムをご用意。入浴・バス送迎などもお手伝いを致します。

一日の流れ(9:00〜15:30)

9:00〜 お迎え開始
9:30〜 健康チェック、朝の会、健康体操
10:30〜14:30
 ノルディックウォーキング/筋トレ/ふまねっと/健康体操/
 リハビリテーション/音楽療法/回想法/大人の脳トレ/書道・茶道・華道/
 カラオケ/将棋・囲碁/季節の行事/手工芸
12:00〜 昼食
14:30〜 おやつ・茶話会
15:00〜 帰りの会
15:30〜 帰宅

すずらん写真すずらん写真
すずらん写真 すずらん写真
すずらん写真すずらん写真
訪問看護
訪問看護は、退院後の生活に不安がある方を対象に、医師の指示のもとご自宅を訪問し、日常生活上の支援を行います。基本的に、看護師とソーシャルワーカーなどの複数で訪問し、患者さんが自主的に健康管理や服薬を行い、社会資源を上手に利用して、自立した社会生活を円滑に送れるようお手伝い致します。訪問看護
電話番号

矢印このページの先頭へ

699999-
Copyright (C) Sapporo Suzuki Hospital All Rights Reserved.